0191462306

翁知屋が提供する各工程の漆芸技術 <絵付・紋章・文字入れ>

挽き物・指物等 木地製作 様々な表現を可能にする漆塗り技法 金箔や蒔絵・うるし絵 家紋や社章・名入れや文章入れ
絵付・紋章・文字入れ
蒔絵師とよばれる専門の職人が製造しています。
手作業の伝統的な技法で描く蒔絵、うるし絵、金箔加工、画像データを基にレーザーやスクリーン印刷など、予算や納期に応じて対応いたします。
同じ商品を数多く製作すると、1個当たりの単価は低価格に抑えることができます。(商品によりますが一般的に50個~100個くらいが目安です。)
オリジナルで1個のみの絵付け加工を製作することはできますが、高単価になることと、納期は長くなりますのでご理解ください。
手業の伝統技法で仕上げる 蒔絵師の仕事

筆のかすれ線、色彩、盛り上げ、曲面への絵付けなど、どんな時代になっても手業でしか表現できない技術が
漆芸にはあります。
秀衡塗 独自文様
菱形の金箔を使用した有職菱紋
子孫繁栄や豊作を願う草花のうるし絵
純金粉を蒔いて仕上げる、日本独自の蒔絵技法
社章・文字入れ・草花 純金を使い表現できます。
データを基に最新のレーザー加工・スクリーン印刷で仕上げる

小スペースや小さい品へ正確な文字入れ・ロゴ入れをするためにレーザー加工は適しています。
記念プレート等で英語文章を記載する場合など、均一で正確な加工をするためにスクリーン印刷が適しています。
レーザー彫刻加工 うるしで純金加工
ネームプレートへ、レーザー文字入れ彫刻加工
町章・ロゴも同様の加工
うるしスクリーン印刷加工 純金加工
うるしでスクリーン印刷した面に純金粉を蒔いて加工
町章・ロゴは手書きの蒔絵加工
その他の模様加工

螺鈿・金箔による様々な紋様・文字加工も注文可能です。
金属・ガラス・カーボン・アルミ 木材以外の異素材へのうるし加工も試行錯誤を続けております。


秀衡塗の製造工程について詳しくはこちらまで

秀衡塗の製造工程について、大きく分けて4つの工程に分けられ、各工程ごとに熟練した専門の職人が製造しています。

お問い合わせについて詳しくはこちらまで

工房1Fにある商談用サンプルルームにて、じっくりお話しができます。
029-4102
岩手県西磐井郡平泉町平泉字衣関1-7
電話  0191-46-2306
FAX  0191-46-2315
HP   http://ootiya.com/
mail  shop@ootiya.com

よくある質問
▼製作の最低ロットはありますか?
  • ありません。ただ、1個のみオリジナル製作ですと、かなり高額になります。
    翁知屋店舗で販売している秀衡塗商品の価格は、100個を基本ベースとして製作・価格設定しています。
    それ以下の数量でもお見積りいたしますので、ご相談ください。
▼納期はどれくらいかかりますか?
  • 品物・製作方法・製作個数によって変わってきます。
    通常、製作物のデザイン相談2週間、木の加工2ヶ月、うるし塗装2ヶ月ぐらいをイメージしていてください。
    もし元の材木がなければ、3~5年かかります。
    製作は、繁忙期や工房の稼働状況により大きく異なります。
    企業の周年記念やこだわりの品は、特にお早目にご相談ください。
▼サンプル製作・購入は出来ますか?
  • サンプルが現物でご覧できるように、オーダー商談専用のショールームを用意しています。
    モニターも設置していますので、遠方のお客様でもスカイプでの会議や、既製品の写真を画像ソフトで改良したイメージ画像も製作することも可能です。
    うるし塗り工芸品・様々な素材への漆塗装・秀衡塗の模様一覧・うるしの内装提案として、ボードや照明など、 サイズや色を確認できます。これらの工芸品の短期間のサンプル貸出も行っております。
▼商品に名入れが可能ですか?
  • 商品に名入れ・ロゴ入れが可能です。
    通常は、ゴム印を製作し、うるしをインク代わりとして、金粉を蒔き、金文字加工をしています。
    その他の文字加工として、レーザー加工会社と提携していますので、彫刻し金粉や螺鈿<貝>を入れる象眼加工や、シルクスクリーン文字印刷など、お客様のオーダーの内容・予算に即した提案をさせて頂きます。
▼家紋・市町村紋章・企業ロゴ等を入れることはできますか?
  • 可能です。
    伝統的な手書きによる蒔絵・レーザー加工・スクリーン印刷など様々な加工方法があります。
    品物の裏には必ず<衣>という翁知屋製を証明するロゴをうるしで手書きしています。
▼木材は何を使いますか?
  • 木材は基本的に、国産材の欅(けやき)や栃(とち)、朴(ほお)の木を使います。
    変形がしやすい板状の品や箇所には、合板を使います。
    その他、ガラス・陶磁器・金属・カーボン等々の異素材には、下処理をしてうるし塗装可能です。
▼木材を活かす塗り方や同じ木材でも木目や色味は違いますか?
  • 木目を強調する塗り方として、<拭き漆>という技法があります。
    欅(けやき)や栓(せん)の木のような木目がはっきりした材料の木目を見せる仕上げに効果があります。
    天然材料のため、木目は一つ一つ異なります。
    木目の入り方、色味やフシなどが天然材料の証明や個性となりますので、あらかじめご理解ください。
▼オーダーの場合、デザイン料がかかりますか?
  • デザインからの商品提案の際はデザイン料を含んだお見積をご提示させていただきます。
    もし、現地にみにきて提案して欲しいということであれば、現地までの交通費・宿泊費の実費分と人件費として1日20,000円の日当をご用意お願いします。
    代表の佐々木優弥が現地に行きますので、今までの経験を活かした提案ができると思います。
▼試作をお願いすることは可能でしょうか?
  • 有料にて製作可能です。
    注文前提の品物を優先的に製作しているので、実験的な品物は後回しになります。
    注文前提で、ロットが多い場合には、見積書を提出するときに、割引などの対応もします。

▼過去の製作サンプル
▼翁知屋漆芸技法
▼ご注文
▼翁知屋HP

Copyright(c) 2017 ootiya All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme